薬剤師さん関連の求人情報に強いサイト。
転職に関するお役立ち情報も多数あります。

SEというのはシステムエンジニアのことです。
この「エンジニア」という言葉を含んでいることからわかるように、SEはまず第一に技術者であるということが要求されます。
しかし、コンピュータの知識だけあれば事足りる仕事ではありません。
システムを設計していくうえで、対人スキルが必要だからです。
ですからコミュニケーション力を磨くことはとても大切になります。
この二つのスキルが合わさって、初めてSEの業務が軌道に乗ると言えるでしょう。
特に社内SEの場合、他の一般社員との緊密なコミュニケーションが不可欠です。
社内SE 求人についての記事です。



 

不動産の売却に着手したものの、なかなか買い手が現れない…。
そんなときは不安になりますよね。
売却に至らない理由はいくつかあります。
例えば、売却価格。
そもそもの設定が相場とかけ離れていたり、状態や周辺環境によって相場より物件自体の価値が低く見られていることが1つ。
また、内覧時に物件の魅力を充分に伝えられていないことも考えられます。
不動産売買という大きな取引は、売る方も買う方も有利な条件で進めたいと考えているため、重要なのは駆け引きです。

 

職場で上司に罵られる経験をした方も少なくないでしょう。
それも自分を育てるための愛のムチならわかりますが、単に上司の機嫌が悪いだけとかいうのなら、たまったものではありませんね。
ある方は上司が絶対的権力を持ち、その日の機嫌次第でめちゃくちゃに
罵られていたそうです。
上司は全て社長一族であるため、一族以外の社員は「雇って“あげてる”」とされ、まるで中世の奴隷か喋ることのできる家畜のような扱いだったとのこと。
毎日、理不尽な思いをし続けていて、つらかったようです。
そんな彼も転職し、今は良い会社にめぐり合え充実した職業生活をしているとのこと。
給料もそこそこ、残業などはほとんど無くて休みもちゃんとあるそうです。
それ以上に何と言ってもよいのは人間関係が良好なことで、ランチ・飲み会・旅行なども楽しく過ごせているみたいです。
色々な苦しさを知ったからこそ、今の職場の苦しさなんてへっちゃらなのでしょう。
こんな例をみると、転職も決して悪いものではないですね。

 

薬剤師になるには薬学部を卒業して、国家資格を得なければなりません。
制度が変わり、それまで4年制だった薬学部が6年制になったことから、2010年と2011年は新卒がいない空白の2年間が生じました。
ようやく2012年に新卒のフレッシュな薬剤師が復活し、各医療機関や調剤薬局、ドラッグストアで熾烈な新卒獲得競争が生じたんです。
2年も若手がいないのは、どの職場でも困るものです。
高齢化社会を突き進む日本において医療の人材不足は大きな課題で、将来の担い手が不足してしまうからです。
2012年の卒業生は約9000人ほどいたのですが、大手のドラッグストアチェーン数社だけでも1500人以上の採用を希望していました。
極端なケースではあるものの、この先2年から3年は、薬剤師の売手市場が続くと予測されています。